神仙桑抹茶ゴールド お茶村 効果 口コミ

神仙桑抹茶ゴールド【お茶村】の試飲レビュー

ochamura-gold03.jpg
株式会社お茶村の「神仙桑抹茶ゴールド」を購入してみました。桑の葉を主原料とする粉末青汁です。
今回注文したのは60本入りの「神仙桑抹茶ゴールド60」(3g×60本)です。(他に90本入りの「神仙桑抹茶ゴールド90」(3g×90本)もあります。)

ochamura-gold15.jpg
注文して翌日に届きました。

ochamura-gold14.jpg
中はこんな感じ。

ochamura-gold13.jpg
商品の「神仙桑抹茶ゴールド」以外に特典と冊子類。

ochamura-gold01.jpg
商品のスティックは縦に60本入っています。他社の商品は30本入が多いですので2倍入っています。

ochamura-gold05.jpg
小袋の切り口は点線の切り目が入っていて、引っ張るだけで簡単に開けられます。他社の爪でちぎらないといけないスティックタイプのものより年配の方でも楽に開けられます。

粒・・・これは他の粉末青汁とは全く異なり、粒などというものではなく微細粉末。まさに抹茶と同じ細かい粉末状です。きな粉のような細かさです。お茶村は元々福岡県の八女茶の製茶会社ですが、この青汁粉末はお茶屋さんだから作れたという感じがします。色も通常の抹茶に近いきれいな色で、少し暗い黄緑色をしています。

においはわずかに草っぽさもありますが、抹茶の香りに近いです。大麦若葉やケールのようなクセはほとんどありません。におい自体少ないです。

指につけて舐めてみた感想は、苦い緑茶という感じです。大麦若葉やケールのような青汁のクセやエグさがなく、期待させる味です。後味は緑茶です。抹茶というよりは高級な緑茶の味です。

ochamura-gold02.jpg
一杯は3gですがこれを180mlで溶かします。通常の青汁は60〜120ml程度の水の場合が多いので、その2〜3倍の水の量です。しかし薄くないのが不思議です。

溶けやすさについては、とても細かいためにダマになりやすいです。溶けにくいです。シェーカーを使用しましょう。シェーカーを使用する場合も、最初に粉を入れると底にへばりつきやすいので、まず少量の水を入れてから粉末を入れ、そのあと規定の水を入れます。そうするときれいに溶けやすいです。泡はそこそこ立ちますがすぐに大部分が消えます。

溶かした見た目は、粉の色とは異なって濃い緑色です。また、においは緑茶の粉末茶のにおいです。

味・・・飲んだ感想は、「あーこれ緑茶や。(笑)」です。これを青汁に含めていいのかと思うぐらい異質で、飲みやすい青汁です。青汁というより緑茶と抹茶の中間の濃い粉末茶といった飲み物です。これならお茶代わりに飲めます。

気持ち草っぽさもありますが、抹茶とか粉末茶といった濃いお茶、苦みのあるお茶が飲める方なら問題なく飲めると思います。これは別次元の青汁。ケールや大麦若葉のエグさとは無縁です。

温めると草っぽいにおいが出て、苦さも強くなります。しかしこれはこれで悪くないです。温めても十分おいしいです。

ochamura-gold16.jpg
桑の葉以外に緑茶とシモンを配合しています。

ochamura-gold12.jpg
パンフレットなどでお茶村という会社、商品への思い、所品の説明などがきちんとされていて安心して飲めます。

ochamura-gold11.jpg
誕生秘話など。

ochamura-gold10.jpg
原料は自社の中国の農園で無農薬栽培されたものを使用しています。中国産と言えば不安になりますが、安心して飲んで頂けるように「なぜ中国で栽培しているのか」、「どのような所で栽培されているのか」といった疑問に対しきちんと説明されています。

お茶村が中国の紹興(紹興酒で有名)に農園を作ったのは、本当の無農薬栽培のお茶を作るためだったそうです。日本では自社の農園で農薬を使用しなくても近くで農薬が使われるとどうしても飛散してきてしまう。しかし山に囲まれた土地であればその心配が無い。また、新たに開拓した土地の場合には土に農薬が含まれているという心配も無い。しかしながら日本国内ではこうした土地はもう手に入らない。そこで理想の栽培地を求めた結果、中国の山奥に農園を作ることになったそうです。

ochamura-gold07.jpg
初回特典。左から「すっきり3点セット」、「お試し10包分」、「専用抹茶シェーカー」。

ochamura-gold09.jpg
すっきり3点セット。「おへそまわりメジャー」、「らくらく歩数計」、「健康ダイアリー」。

ochamura-gold06.jpg
神仙桑抹茶ゴールド10包分。この青汁には全額返金保証がついています。箱を開封する前に、まずはこの特典分から先に飲むようにしましょう。

ochamura-gold08.jpg
シェーカーです。哺乳瓶に似ていますが、プラスチックのシェーカーです。他社のシェーカーと異なり、開口部が狭いためきちんと蓋が閉められ漏れにくいです。50g/100g/150g/180g/200g/250gに目盛がついていますので料理などにも利用できます。

ochamura-gold04.jpg
この「神仙桑抹茶ゴールド」を青汁と呼ぶことに躊躇がありますが、お茶の様に飲めるめずらしい青汁だと思います。ケールや大麦若葉、明日葉を原料にした青汁がどうしても飲めないという方にぜひ一度飲んでいただきたいです。これなら飲み続けられるのではないかと思います。
またすでに色々な青汁を飲まれている方の場合にも一度飲んでみられると青汁に対する幅が広がることと思います。青汁とお茶のどちらに近いかと言えば明らかにお茶に近いです。それぐらい他の青汁とは別物ですし、飲みやすいです。

ただ、ケールや大麦若葉のコク(エグさ)が好きで青汁を飲まれている方には向いていません。不味いけど健康のために仕方なく飲んでいるという方にぜひ「神仙桑抹茶ゴールド」をオススメします。

栄養的にも桑の葉はケールや大麦若葉よりも栄養が豊富だそうです。詳しくはお茶村のサイトに載っています。栄養が豊富な上に飲みやすいのであれば、これは良いですね。ケールや大麦若葉に特にこだわりが無ければオススメです。(^^)v



●神仙桑抹茶ゴールド60(3g×60本入り)
   一般価格5,700円+税/定期便価格5,415円+税

●神仙桑抹茶ゴールド90(3g×90本入り)
   一般価格8,000円+税/定期便価格7,200円+税

(※10,500円未満は別途送料300〜600円が掛かります。ただし定期購入は送料無料+プレゼント付。定期購入は6回以上購入する必要があります。)

 

 

青汁 効果,神仙桑抹茶ゴールド,お茶村